×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ワーキングホリデーとは
ワーキングホリデーとは、どう言う制度なのかご存知ですか?直訳すると、ワーキングは働く・就業と言う意味ですね。
ホリデーは休暇・休日と言う意味ですね。
だから、「働きながら休む」と言うことになりますが、直訳では意味がもう一つ分かりませんね。
ワーキングホリデー制度の本当の意味は、外国で1年間アルバイトをしながら暮らせるという制度のことです。
普通、外国へ行く時にはビザを申請しますが、その種類は観光ビザ・留学ビザ・就業ビザなどがありますね。
就業ビザ以外は、基本的に外国での就業・就職は出来ないようになっていますよね。
ところが、ワーキングホリデービザがあるのです。
外国人が1年間アルバイトをしながら暮らせる特殊ビザなんです。
このワーキングホリデービザを取得すれば、外国で働きながら生活が出来、語学・資格・文化の体験・観光など自由に定住型の海外生活をおくれます。
しかし、この素晴らしい制度を全ての外国で適用しているのかと言えば、残念ですが僅かな国々だけなんです。
現在、日本人の受け入れを行っている国は、2008年1月時点で、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、フランス、ドイツ、イギリス、韓国、アイルランド、デンマークの9ヶ国です。
18〜30歳(国によっては25歳まで)の人にワーキングホリデービザ申請資格が認められています。
一人で悠々自適の海外生活をするのも良し、仲の良い友達やカップル・夫婦で家賃や生活費も抑えながら海外生活を楽しむも良し、海外で語学や資格を取得するのも良しですよ。
注意点としては、往復の飛行機代と最低限の生活費(フランスの場合は2500ユーロ)の所持を証明し、健康である者、そして、子供同伴でない事などが最低条件と成ります。
現地専属日本人スタッフのサポートも利用しましょう。
さあ、どうですか?あなたもワーキングホリデー制度を活用して憧れの海外で自由な生活を送るチャンスを得ましょう!

<スポンサードリンク>



ワーキングホリデーの目的
ワーキングホリデーは目的をはっきり持って行くことが重要です。
あなたは何故海外に行きたいのか。
そこで何を得たいのか。
はっきりしたテーマや目的を持つこと、これがあなたのワーキングホリデー成功の鍵となるでしょう。
では、ワーキングホリデーの目的として設定できるテーマは、どんなものがあるのでしょうか。
先ず、海外での生活を通してその国の言葉と文化を学ぶと言うテーマの設定が出来ますよね。
外国語を不便なく現地人並みにぺらぺら喋れる語学取得だけでも大きな収穫ですが、その国の文化に接して国際的感覚を身にまとうのも、一つの選択肢ですね。
次に、資格や技術の取得がありますよね。
その国が世界に誇る技術や資格、その国の独特な料理の技術などを取得すれば、帰国後の就職にも大変有利なスキルを得られますよね。
次に、徹底的にその国の隅々を観光して回ると言うのも素晴らしいと思いませんか。
世界遺産は勿論、秘境や世界的な名所周りなんてロマンチックですよね。
また、将来その国での就職を睨んでの下準備としての海外生活も意味があると思います。
旅行会社やワーキングホリデー斡旋業者の現地サポートスタッフを目的にしても良いでしょう。
ここまでは、大体定番な答えなんですが、もっと突っ込んでワーキングホリデーの目的を追求するのも良いでしょう。
日本人は一般的にシャイで、自分を表現するのが苦手な人が多いですし、一人で自分の殻に閉じこもっている人も多く見受けられます。
若し、あなたがその部類に入っているのであれば、思いっきり行動して、現地の人と思いっきり接触して、自分の小さな殻を破ると言う目的設定が大事だと思いますよ。
なんとなく毎日を過ごして、いつの間にか帰国の日というのがオチでは情けないですよね。
はっきり言って、1年間は長いようで短いのです。
その限られた期間で何ができるのか?それは、あなた自身の目的意識にかかっていますよ。


ワーキングホリデーにかかる費用
ワーキングホリデーにかかる費用は、平均ではかなり幅がありますが滞在する国によって違うのはもちろんです。
一般的にワーキングホリデーで渡航する人は出発前に現金とトラベラーズチェック含め、80万〜170万(1年間)くらいのワーキングホリデーの費用を用意している場合が多いようです。
どの国へ行き、現地で何をするか、どんな生活をするかなどによってもかなり変わってきるわけです。
ワーキングホリデー先で生活していくには、基本的には衣食住として家賃、食費、生活必需品購入費、交際費、小遣いなどが必要になってきます。
ワーキングホリデーといいながらアルバイトをしないばあいでも生活費だけでも月に7万〜10万くらいは必要なはずです。
その上で各種学校に通う場合は、授業料や交通費が必要になってきますし、現地で旅行をするのなら、さらに宿泊費や交通費などの旅行費用が追加で必要となるわけです。
現地で働けばいいと考えている人も多いと思いますが、滞在先の地域や希望する職種によって思ったより時給が良くない場合もあるので、費用不足をアルバイトに頼りすぎるのは危険な考えです。
ワーキングホリデーの費用を用意する時に知っておくべきことは、現地に到着すれば、少なくとも滞在費と食費は必ずかかりますので、しばらく働かなくても生活できるだけの費用は最低限準備して行く必要があります。
もちろん行き帰りの飛行機代や、海外旅行保険の費用もワーキングホリデーの費用に入れておくことを忘れてはいけません。
貴重な一年間を、充実したものにするためには、できるだけ語学力をつけ、多くの情報と、十分なワーキングホリデーの費用を用意する。
などして、ワーホリでの経験が帰国後の就職やキャリアアップにつながるように、できるだけ具体的な目標を定めてから出発することがたいせつです。


ワーキングホリデー1

  • ワーキングホリデーとは
  • ワーキングホリデーの目的
  • ワーキングホリデーにかかる費用

ワーキングホリデー2

  • ワーキングホリデーの準備
  • ワーキングホリデー 保険

ワーキングホリデー3

  • ワーキングホリデー協会
  • ワーキングホリデーとビザの問題

ワーキングホリデー各国1

  • ワーキングホリデー オーストラリア
  • ワーキングホリデー カナダ
  • ワーキングホリデー ニュージーランド

ワーキングホリデー各国2

  • ワーキングホリデー イギリス
  • ワーキングホリデー ドイツ
  • ワーキングホリデー フランス

ワーキングホリデー各国3

  • ワーキング ホリデー アメリカ
  • ワーキング ホリデー 韓国
  • ワーキングホリデー アイルランド



サイトポリシー



お友達サイトのご紹介

健康関係

 サプリメント1

 サプリメント2

 サプリメント3

 サプリメント4

 サプリメント5

 サプリメント6

 サプリメント7

 サプリメント8

 サプリメントアドバイザー

 花粉症

 スギ花粉症

 ヤクルト400

 早期妊娠検査薬

 妊娠検査薬1

 妊娠検査薬2

 妊娠検査薬3


金融関係

 投資信託1

 投資信託2

 投資信託3

 投資信託4

 投資信託5

 投資信託6

 投資信託7

 住宅ローン融資会社1

 住宅ローン融資会社2

 住宅ローン1

 住宅ローン2

 住宅ローン3

 住宅ローン4

 住宅ローン5


自己啓発

 通信教育3

 通信教育4

 通信教育5

 通信教育6

 検定

 ワーキングホリデー1

 ワーキングホリデー2

 ワーキングホリデー3

 ワーキングホリデー各国1

 ワーキングホリデー各国2

 ワーキングホリデー各国3


スポーツ関係

 フットサル1

 フットサル2

 フットサル3

 フットサル4

 フットサル5

 フットサル6

 フットサル7

 フットサル8


結婚関係

 ハワイ挙式1

 ハワイ挙式2


料理・食べ物関係

 餃子

 話題の飲み物・食べ物1

 話題の飲み物・食べ物2

 話題の飲み物・食べ物3

 話題の飲み物・食べ物4


行事関係

 バレンタインデー

 卒業式1

 卒業式2


娯楽・趣味関係

 赤沢温泉